お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • アイランダーアーチストの下地暁氏がFIMACCを見学、交流会に参加されました。

2013年02月12日

アイランダーアーチストの下地暁氏がFIMACCを見学、交流会に参加されました。

 

FIMACCは、検査のためだけの空間ではなく、沖縄発のコンテンツやサービスを発信するケア・癒しの新しい拠点を目指しています。


音楽は特に重要なテーマと考え、沖縄だけでなく世界にも活躍の舞台を拡げているアイランダーアーチスト下地暁氏をFIMACC音楽総合プロデューサーにお迎えし、既に諸処準備に入っています。2日午後、FIMACC整備に大きく貢献された県内外のプロジェクトメンバーとの交流会にも参加され、あたたかい祝辞をいただきました。


下地氏のニューアルバム「Myahk(ミャーク)」は、数々のグラミー賞を受賞したGoh・Hotoda氏をプロデューサーに起用、 レベッカのNOKKO氏やキーボーディストのフィリップ・セス氏といった国際色豊かな顔ぶれが参加し注目されています。交流会の会場となったFIMACC4F会議室でもこのアルバムが静かに流れていました。FIMACCを舞台にした今後の彼の活躍が楽しみです。


下地暁氏 HP

http://shimojisatoru.jp

下地暁氏