お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 放医研 重粒子医科学センター病院より白石貴博技師が技術指導、及び連携体制強化のた

2013年04月01日

放医研 重粒子医科学センター病院より白石貴博技師が技術指導、及び連携体制強化のため1週間FIMACCに滞在されました。

 
放射線医学総合研究所(放医研)重粒子医科学センター病院から、同センターでリーダー格の白石貴博技師が1週間FIMACCに派遣され、ファントム実験やメーカー共同参加のトレーニングの実施、その他多くの技術指導がありました。
これら諸活動により、FIMACCと放医研との戦略的な連携体制強化となりました。
また、白石技師がFIMACC滞在中、ご自身の研究や論文作成なども行なわれ、FIMACCが県内外の学識者や技術者をお迎えし中長期に滞在していただきながら、技術交流や技術移転をもたらす沖縄の新しい研究開発拠点に十分な環境であることを証明できました。

shiraishi002.jpg
shiraishi003.jpg
shiraishi001.jpg