お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • 「第1回 琉球PETシンポジウム」が行われました。

2013年04月21日

「第1回 琉球PETシンポジウム」が行われました。

 
20130420_00.JPG

2013年4月20日(土)琉球大学医学部 臨床講義棟 大講義室にて、沖縄県のPET/CT検査施設、3施設(豊崎クリニック、ちばなクリニック、機能画像診断センター)合同にて「第1回 琉球PETシンポジウム」が開催され、県内医療関係者や行政関係者、関連企業等、合計80名を超える方々が参加されました。

シンポジウムではまず、放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター 画像診断室長 吉川 京燦 先生より「PET/CT の膵臓癌診断への新たな応用」に関する特別講演を頂きました。

その後、勝山 直文 先生(豊崎クリニック)、西蔵盛 由紀子 先生(ちばなクリニック)、千葉 至 先生(機能画像診断センター)がそれぞれの施設の特徴や現況等をプレゼンされました。

最後に、3施設の先生に、吉川先生、モデレーター大政智子(医療健康系ライター)を含めた5名にてパネルディスカッションを行い、「PET検査の特徴・現状」「各施設の特徴と連携について」「PET施設が今後の沖縄への貢献と可能性」等のテーマについて活発な議論が展開されました。

シンポジウム終了後、豊崎クリニック/勝山先生のお声掛かりで3施設関係者(医師、技士、看護師、事務局)が集まり、今後、技術やサービスの標準化の促進、アクシデント/インシデント発生時での協力体制の構築、人材育成・教育プログラムの共同の運営実施、県内向けPET/CT検査のさまざまな普及啓蒙活動の推進等で3施設が密接に連携・協力すること、また、このような外部学識者を招致してのシンポジウムやセミナーの開催、実務者レベルでの担当者連絡会等を定期的に開催することが確認され、非常に有意義なシンポジウムとなりました。



吉川先生「PET/CT の膵臓癌診断への新たな応用」に関する特別講演の様子

PET/CT の膵臓癌診断への新たな応用 PET/CT の膵臓癌診断への新たな応用 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター 画像診断室長 吉川 京燦 先生

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子 パネルディスカッションの様子 パネルディスカッションの様子
大政智子(医療健康系ライター) 勝山 直文 先生(豊崎クリニック) 西蔵盛 由紀子 先生(ちばなクリニック) 千葉 至 先生(機能画像診断センター) 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター 画像診断室長 吉川 京燦 先生

左から、大政智子(医療健康系ライター)、勝山 直文 先生(豊崎クリニック)、西蔵盛 由紀子 先生(ちばなクリニック)、千葉 至 先生(機能画像診断センター)、吉川 京燦 先生(放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター )